「植木屋さんだって植物に詳しいとは限らない」愛すべき人たち 2

「植木屋さんだって植物に詳しいとは限らない」
731.jpg


「愛すべき人たち」2


私が、
とある小さな園芸の会社にいた時の
愛すべき人たちのお話しです。



そこは、
社員が10人にも満たないような
小さな、おもに植物関係に携わる
園芸会社でした。


その会社に、この会社に来る以前は
デパートの営業を担当していた方と、
アパレル関係の全国チェーン店に居たと
いうお二人の先輩がいたのでした。



仮の名前として、
デパートにいた方を
「アーさん」
として

アパレル関係に居た先輩を
「イーさん」
と呼ぼうと思います。



この二人の先輩、
面白い事に性格が全く違うのです。


726jpg.jpg


アーさん、の方は。

細かい事は気にしなく大らかで、
貸し出しから交換して持ち帰った
観葉植物も水道の水を吹きかけて
洗って終わりで。

次の日も適当に鉢を選んで
トラックに積み込むだけという、
おおざっぱな性格でしたが。


そのわりに、気が小さく、
何をやるにも自信がない人でした。

それなので、
何かやろうとすると
何十年もこの会社にいる
最長老にも関わらず
入ったばかりの私に対しても。

いちいち、
これで良いよな、
大丈夫だよなと、
確認を求めてくると言う
何とも複雑な性格の
持ち主だったのです。

そして、
何十年も植木の仕事に関わっているのに、
背丈ほどの松の木を手入れするのにも
半日もかかると言う植木の手入れの腕は
素人以下と言う、ぷきっちょな、
方だったのです。

「アーさん」が、
デパートを辞めた理由は、同僚との
喧嘩が原因だったそうですが。

しかし、「アーさん」は、
デパートの営業をしていただけあって
人懐っこく誰とでも直ぐ親しくなれる方
でしたし。

誰にでも、
すぐに話を合わせられると言う
特技も?
持ち合わせていたのでした。

しかし、
表向きは話を合わせてはいても
陰では「イーさん」の
悪口を言っていましたけどね。

727.jpg


いっぽう「イーさん」
の方はと言うと。


貸し出しから交換して
持ち帰った観葉植物は、
葉を一枚一枚丁寧に拭いて。

次の日に持っていく植物は、
一つ一つあの場所にはこれと選びだし
トラックの荷台に積んでおくと言う
念の入れようだったのです。


「イーさん」は、
「アーさん」とは逆に、
細かい事が凄く気に成り、
こだわりが強く頑固で
職人気質で。

休み時間に成って、
専務や、社長のお母さんが
「イーサンも呼んできて、
みんなでお茶にしようよ」

と成っても、気が向かなければ
私だけに
「お茶を飲んで来いよ」
と言って
一人だけハウスの中に残って
黙々と休み時間も仕事を
続けているような社内では
一人だけ浮いている存在感を
示していたのでした。


そして、
「イーさん」は、
「アーさん」の事を、
面と向かっては言わないまでも、
陰では何も出来ない人間として
バカにしていたのでした。
103.jpg

私が、
この会社に入って初めに付いたのは
「イーさん」の
観葉植物の貸し出しと
管理のリースの仕事でした。


「アーさん」は、その時、
東南アジアの国への転勤が嫌で
企業を辞めたと言う
セレモニーの担当者が、
造園部の手伝いに出て、
脚立から落ちて踵を骨折し休職中
だったので代わりに「アーさん」が、
セレモニー担当をしていていたのでした。


という事は、
リースの定期的な観葉植物交換周りを
この二人でやっていたのでしょう。


だとしたら、
水と油の二人だったので
誰か新しい人を募集したくなる
気持ちも分からなくは有りません。
725.jpg


さて、つぎに
私が初めて「イーさん」と
対面した時の話です・・・。


(2019.9.5加筆、修正 挿し絵一枚追加)
(2019.9.6挿し絵一枚追加)


「愛すべき人たち」3
へ続く・・・


こちらを宜しくです↓

こちらも宜しくです↓


File0n23456lb.htm.jpg

この記事へのコメント