ブログ絵本「フルーツ島からの手紙」ピピのつばさアナザーストーリー (カラスのリルケの不運と幸運10)

ブログ絵本「フルーツ島からの手紙」ピピのつばさアナザーストーリー (カラスのリルケの不運と幸運10)

画像


こちらもよろしくね


キャラクターランキング

Web絵本ランキング
(カラスのリルケの不運と幸運10)


「イタタター」と大きな声がトマト畑に

ひびきました。

なんと、

大きくて赤くて美味しそうだと思って

カラスのリルケが口ばしで思い切りつついたのは、

トマト畑にいたピピのお尻だったのです。


「ウワッーまた間違えちゃったよー」と

カラスのリルケは慌てて逃げようとしましたが、

あれれれ、どうしたのでしょうか・・・。


第11回へ続く

こちらも宜しくです

にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村


「真っすぐなキュウリと曲がったキュウリ」

画像

「真っすぐなキュウリと曲がったキュウリ」

とかく、この世は真っすぐなものが好まれます。

たとえば人でも、

「あなたは、真っすぐな人だ」と言えば、相手は喜ぶ事は有っても、

「いいや、おれは誰が何と言ったって曲がった人間だ。

二度と真っすぐな人間だ何ていったら、ぶん殴るぞ。」

何て怒る人は、あまりいないと思います。


だからキュウリも真っすぐなものが好まれるのかと言うと、

それはまた違った、消費や流通、生産などの人間の都合

で真っすぐなものが良しとされている訳だと思うのですが。


その規格が、日本では、まるで工業製品のように

徹底されているのが、少しやりすぎ

なのではないかと思ったりする訳なのです。


外国では、曲がったキュウリも普通に売っている

ようですよね。普通のキュウリとして。


だって、少しぐらい曲がったキュウリの方が

菜園で作っていると普通なんですよ。

むしろ、真っすぐなキュウリの方が珍しいのです。


そして何より、キュウリは工業製品ではなく

生き物だという事です。


画像



工業製品であれば、規格があり規格に外れたものは

不良品とするのは仕方がない事です。

しかし、生き物なんですから多少の曲がりは有っても

それは、当たり前の事なんじゃないかと思うんです。


いや、むしろ私なんかは、曲がったキュウリの方を

選んで良く買います。財布に優しいですからね。

そういう意味では不良品ではなく優良品です。


あっ、でも曲がったキュウリも一緒に売ると

値段が高い方といっしょになってしまうか。


いや、規格をそろえる手間が少なくなりコストも

下がって値段も安く提供できるかもしれませんね。

どちらにとっても、良いことだと思うんだけど。


そしてこれは、人間に対しても言えるのでは

ないかと思います。


学校では、校則と言う規格を工業製品のように

学生である人間に対して当てはめていないでしょうか?


人間は、1人々が少しづつ違っていて当たり前で、

それは、不良品ではなく人間としての証なのだと

思うのですけど・・・。





こちらもよろしくね

アート芸術系4コマ漫画「美観の人々」と童画 秋野あかね美術館


画像




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック