「フルーツ島からの手紙」 (「ピピと白イルカ・イザベルのお話し」の為のエチュード3.4)

ブログ絵本「フルーツ島からの手紙」

(Web絵本「ピピと白イルカ・イザベルのお話し」の為のエチュード3.4)


こちらもよろしくね





画像


こちらは↑「ピピと白イルカ・イザベルのお話し」の為に描いた習作です。


私は、絵本作家の「いわさきちひろ」さんの


繊細な水彩画に憧れていて、岩崎さんのような絵が描きたくて、


その影響を受けて水彩絵の具で描いた絵です。



いわさきさんは、頭の中のイメージを、水彩絵の具の特徴を生かした暈かしや滲みを、うまく表現に取り入れて、


まるで宝石のような絵を、ささっと描くことが出来たようですが。


もともと、絵のヘタッピーな私は、何枚も、何十枚も描き直しをしてやっと何とか仕上げました。



画像


こちらは↑「ピピと白イルカ・イザベルのお話し」の本編に使用した絵です。


とても、岩崎さんの様には描けないので、諦めてこの絵に成った。


と言う訳ではないですけど。なぜか、習作よりも下手な絵に成っているような気もしますね。


やはり、絵的には習作の方が良いかな?



私は、もともと絵の勉強もしたことが有りませんし、才能もありません。


だから、私が最初に「ピピのつばさ」を描こうと思って描いた絵は、


そうですね、小学校の低学年の子が描くくらいの


レベルか、もしかしたらもっと下だったかもしれません。


小学生でも、高学年に成ると結構うまいですし、中学生にも


なると、かなりハイレベルな絵を描きますからね。


それに比べて私の絵はヘタッピーですから、何とかみられるかなと思える絵になるまでには、


何回も何回も描きな直しをしました。



そして、いま私は、しばらく、まともに絵を描けていませんので、


(絵を描いて仕上げるのは時間がかかりますからね)


絵は、描いていないと、進歩しないで後退しますから、またヘタッピーに戻っているかなと思います。


でも、今も絵を描きたいと思わないわけではなくて。


いま興味があるのは、安西水丸さんや和田誠さんの画ですかね。



いま「ピピのつばさ」のホームページのリニュウアルを、おこなっていますが、少しづつですので、


まだ少し時間がかかると思いますが。


リニュウアルした時には、ピピやリンゴさんのホームページを見て上あげてくださいね。


画像


画像

画像


こちらもよろしくね






こちらも↓よろしく



画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック