「フルーツ島からの手紙」 (Web絵本「リンゴさんとピピのお話し」の為のアイデアノート4)

「フルーツ島からの手紙」
(Web絵本「リンゴさんとピピのお話し」の為のアイデアノート4)

こちらもよろしくね


Web絵本ランキング

キャラクター(イラスト)ランキング


画像



「ピピのつばさ」の最初のアイデアでのお話しです。

ピピを助けた男の子は、ピピに空を飛ばせてあげたいと思い、体に風船をいくつも付けて

空を飛ばせてあげるというものでした。

画像


森の中で、偶然にツバサをケガした鳥を見つけた少年は。

鳥を助けて介抱してあげて、ピピと言う名前を付けました。


少年のおかげで、

ピピは、怪我も治り元気になりましたが。

他の鳥たちが、元気に空を飛ぶ姿を見ると、ピピは悲しそうな顔で鳥たちを眺めます。

そんなピピの姿を見た少年は、ピピを何とか空を飛ばせてあげたいと思います。


しかし、少年には、どうしたらピピを空に飛ばせてあげられるか分かりませんでした。


考えた少年は、ピピに風船を付けてあげて空を飛ばせてあげれば、少しだけでもピピは、

空を飛んだ気分になってくれるだろうと思うのでした。


そして、実際にピピの体に風船を付けて空に飛ばせてあげる場面で物語は終わるのです。


画像



その前の、場面ではケガをしたピピが森の中で嵐に遭う場面などもあったようです。

なぜ、あったようです。かと言うと、自分でも、忘れている場面があるからです。


先日、最初のアイデアとして描いた絵を見ていて思い出しました。

その絵も、公開しようかと思いましたが、余りにも下手だったから非公開にしました。

そして、風船でピピが空を飛ぶラストも、何だかまだありきたりのような気がして納得できずに、

更にアイデアを発展させることにして、本編のような内容と成ったのでした。


次回は、少年が、なぜ果物の妖精のリンゴさんに成ったのかのお話しです。



こちらもよろしくね

にほんブログ村 イラストブログ 絵本制作へ
にほんブログ村
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

こちらのホームページも

よろしくね

アート芸術系4コマ漫画「美観の人々」と童画 秋野あかね美術館



画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック